トピック

2021.10.13

新音楽レーベル「Acro」より第一弾所属アーティストとして、富士葵が新曲「テイストレス」をリリース! MVも公開!

バーチャルシンガーである富士葵さんが、新曲「テイストレス」を10月13日(水)にリリースすることが決定しました。新音楽レーベル「Acro」第一弾所属アーティストとしてデビューとなります。

「テイストレス」は楽曲プロデューサーに森康哲氏を迎え、作編曲を加藤冴人氏、そして作詞を富士葵自身が担当。新たにAcroからリリースする心機一転の一曲として、これまでの富士葵さんとはまた違った一面を見せる素敵な一曲となっているようです!

また、MVは同じく富士葵さんのオリジナル楽曲である「MY ONLY GRADATION」の監督を務めた吉武薫氏が担当。こちらはリリーズ前日に「Aoi ch.」にて公開予定となっています。

今回は富士葵さんよりコメントも到着しています。


■富士葵コメント
この度気持ち新たに、新音楽レーベル「Acro」よりデビューさせていただくことになりました。
記念すべきデビュー曲は私自身が作詞を担当した「テイストレス」。

”自分を表現するのが苦手で、ついつい飲み込んでしまう、日常の些細な言葉たち”を「味のしない(=テイストレスな)ガム」に例え、楽曲プロデューサーの森康哲さんに様々なアドバイスをいただきながら、キュートでポップな楽曲に仕上がったと思います!

数多くの楽曲をプロデュースされてきた森康哲さんのお話は
多くの学びがあり、たくさんの鱗が目から剥がれ落ちました。
たくさんの方にお届けできれば嬉しいです!

source:PRTIMES,Aoi ch.

 

TOP
TOP