トピック

2022.01.23

「ホロライブ」3期生による待望の1stライブ《HOLOLIVE FANTASY 1st LIVE FAN FUN ISLAND》レポート!

「ホロライブ」3期生(兎田ぺこらさん、潤羽るしあさん、不知火フレアさん、白銀ノエルさん、宝鐘マリンさん)による待望の1stライブイベント《HOLOLIVE FANTASY 1st LIVE FAN FUN ISLAND》が、2021年11月25日(木)に、「TOKYO DOME CITY HALL」にて開催されました。

デビューから2年以上。かねてより「3期生 5人でライブがしたい」と配信で語っていた彼女たちが、ついに夢のステージに立ちました。今回はライブあり、寸劇あり、涙ありな3期生らしいライブイベント《HOLOLIVE FANTASY 1st LIVE FAN FUN ISLAND》の様子をレポートしていきます!

■歌と物語が織りなす「ホロライブファンタジー」なライブイベントが開幕!

物語は、3期生のライブ控室から始まります。5人のゆる~い会話は、まさに普段のコラボ配信を見ているようで和みます。しかし、ここで5人が「異世界にある無人島」へと飛ばされるという大事件が起こります! 

この時点で、《HOLOLIVE FANTASY 1st LIVE FAN FUN ISLAND》が物語を伴って進行するイベント型ライブであることがわかります。歌唱を挟みつつも、笑いや感動をストーリー形式で展開するのは挑戦的な3期生ならでは。異世界の無人島というのも「ホロライブファンタジー」の名に恥じぬ舞台設定でしょう。

まずはメンバー紹介を兼ねたOP曲として、本ライブを記念してリリースされた新曲『いんたらくとふぁんたじあ』を披露。

この日のためにハードなレッスンをしてきた5人。その成果が歌とダンスに表れていました。まだリリースから間もない楽曲ですが、会場で輝くサイリウムは完璧にリズムを取っている様子でした。3期生たちと同じく、ファンたちもライブを心待ちにしていたのが伝わります。

曲が終わると、異世界へワープした3期生たちが砂浜で目を覚まします。ここで物語のキーパーソンとなる妖精・ミジカ(CV:篠原侑さん)が登場。「音楽と、それを楽しむファンたちの声援で無人島の力を取り戻す」ために、3期生たちを連れてきたことが判明します。

状況を飲み込んだ3期生たちはミジカの目的のために協力することになります。まずは、ぺこらさんが「海と妖精と言えば……ノエちゃん、歌うしかない!」と言い出し、『HOT LIMIT』をデュエットで熱唱。本家MVでもお馴染みの星型の舞台や、強風で舞台の一部が吹っ飛ぶシーンまで再現していたあたり、強いこだわりを感じました。

流れるようにマリン船長の「Ahoy!! 我ら宝鐘海賊団出航~」の掛け声とともに、彼女のオリジナル曲『Ahoy!! 我ら宝鐘海賊団』へ。赤いサイリウムが会場を包みます。

ボロボロの船の上で歌うマリン船長ですが、「ミラクル船長キャノン、打てぇー!」「ブヒィィィィ~」のコール・アンド・レスポンスで、巨大なハートマークが船を包み込む演出が入り、なんと船が新品のように生まれ変わります! 歌詞にもある「キミたちのおかげで私は船長になれるから」を体現したかのような船員との絆を感じる一幕でした。

その後、「潤羽るしあ」さん、、「不知火フレア」さん、「白銀ノエル」さんによる『花ハ踊レヤいろはにほ』のカバーも披露されました。意外と珍しい組み合わせでしたが、やはりチームワークはバッチリ! 難しいダンスも息ピッタリで踊りきっていました。

島を移動するには司令やルールが存在しており、3期生たちは「すごろく」のようにサイコロを使って進んでいくことに。「ドキドキの森」「ワクワクの湖」「ウキウキの丘」を目指していきます。

最初の司令は「セクシーポーズ」「妖精」「アイドルポーズ」など、出題されたお題に合ったポーズを全員で揃えること。チームワークの良い5人なら難なくクリアすると思われましたが……それぞれ強すぎる個性が邪魔して難航する場面も。

それでも最後は「オバケ」のお題で見事にポーズを揃え、会場からは大きな拍手が起こっていました。

ここからライブパートへ。ぺこらさんの『ギミー!レボリューション』、るしあさんの『こいあい』、フレアさんの『God Save The GIrls』とカバー曲を続々と披露。

その後、ノエル団長がオリジナル曲『ほめのび』を歌い上げました。

歌が苦手と公言しているノエル団長ですが、披露した歌声は努力と成長が感じられました。ライブを観たすべての方が、心の中でノエル団長の頑張りを褒めていたことでしょう!

現実世界と一時的に繋がっているという「ワクワクの湖」へと到着した一行は、会場にいるファンと、配信で参加しているファンたちとコンタクトを取ります。3期生たちの呼びかけに、現地組のファンたちはサイリウムと拍手で、オンライン参加者はコメントで応えます。

ぺこらさんの配信でお馴染み「梨派か、りんご派か?」や、「コラボカフェのメニュー食べた?」などの質問を投げかけたり、コメントを読み上げるなど、ファンとの交流を行う一幕となりました。

「ウキウキの丘」に到着し、いよいよライブも後半戦へ。マリン船長、るしあさんのデュエット『スキキライ』は、どこか2人の関係性を感じさせる歌詞と、ラストのハモリが印象的な一曲でした。

異世界無人島での最後の曲は『五等分の気持ち』。力を取り戻したミジカの計らいで、全員がアイドル衣装へと着替えての披露となりました。普段は賑やかな3期生ですが、可愛らしい楽曲でアイドルとしての一面を魅せてくれました。

こうして目的を果たした3期生たちは、音楽の妖精であるミジカとお別れとなってしまいます。記憶を失い、元の世界に戻った5人は『Mr.Music』をカバー。「3期生たちからミジカに向けての選曲」と思わせてくれる演出に、すべてを見守ってきた観客たちの中には、不覚にもうるっときてしまった方もいるのではないでしょうか。ここから現実世界のライブが始まるという、物語的な演出をもって《HOLOLIVE FANTASY 1st LIVE FAN FUN ISLAND》は終了となりました。

エンドロールでは、前山田健一氏が手掛けたオリジナル曲『美味しいお肉が食べたいの!』が初公開されました。スクリーンには焼肉屋へやってきた5人が映し出されます。

3期生の仲の良さをこれまでかと表現した一曲に、会場もコメントも大盛りあがり。最後の最後にじゃんけんをして、船長の奢りになるくだりまで思わず笑みがこぼれてしまうような演出に大きな拍手が巻き起こっていました。

これにて3期生の1stライブイベント《HOLOLIVE FANTASY 1st LIVE FAN FUN ISLAND》は、彼女たちらしさが詰まった最高の形で幕を閉じました。スペシャルサンクスとしてエンドロールには「野うさぎ同盟」「ふぁんでっど」など、ファン名称が記載される粋な計らいもあり、3期生のファンを想う気持ちが感じられました。

妖精・ミジカとはお別れしましたが、まだまだ残された謎もあり、今後2nd、3rdと続いていく可能性は十二分に残されていることでしょう。今回は披露されなかった、あるいは今後も増えていくであろうオリジナル曲も、次回のライブに期待したいところですね。

3期生の集大成であり、夢の1stライブは「これからも続いていく3期生の物語を見届けていきたい」、と強く思わせてくれるような素敵な物語となっていました。

Photo By ゆうと。 https://twitter.com/musicmagic3923

© 2016 COVER Corp.

Source:HOLOLIVE FANTASY 1st LIVE FAN FUN ISLAND

TOP
TOP