レポート

2022.03.20

《hololive SUPER EXPO 2022》“百年梅酒ぺこらver.”が生まれたきっかけとは?

2022年3月19日・20日の間、幕張メッセにて開催されている《hololive SUPER EXPO 2022》・《hololive 3rd fes. Link Your Wish》より、「明利酒類」の模様をレポート、そして明利酒類株式会社さんにインタビューさせて頂きました!

「明利酒類」では年表パネルや酒樽が展示してあります。コラボ酒について詳しくなりたい方必見の内容です。ブースの入り口では兎田ぺこらさんと雪花ラミィさんが出迎えてくれます! ふたりがお酒を持っているせいか、無性にお酒が飲みたくなってきましたね(笑)。

ブースに入ると中央には立派な酒樽があり、左を見ると“雪夜月”ができるまでの工程を年表形式で分かりやすく解説してあります。実際に雪花ラミィさんが飲んだお酒や、それを元にディスカッションした内容がかなり詳しく書かれています。まさか“雪夜月”ができるまで約半年かかっているとは……。

右には兎田ぺこらさんが“百年梅酒”を初めて飲んだ反応が。第一声がこれとは……。しかし、飲んでみた後は絶賛とのことで良かったです! ほかにも“百年梅酒ぺこらver.”ヒストリーなど、かなり内容が濃いです。“百年梅酒ぺこらver.”が1年近く準備に費やされているとは。“明利酒類株式会社”さんの熱意がひしひしと伝わってきますね!

ここまでは「明利酒類」でのレポートを書かせて頂きましたが、ここで明利酒類株式会社常務取締役の加藤喬大さんにお話しを聞くことができました! 兎田ぺこらさんの“百年梅酒ぺこらver.”と“雪夜月”について詳しく聞いていきたいと思います!

――ブースについてご説明をお願いいたします。

加藤 明利酒類株式会社と申しまして、江戸時代からお酒造りをしています。僕らが大事にしているのは単純にラベルを変更してコラボをするのではなく、タレントさんの実現したいことなどの要望に寄り添いながら、一緒に作りたいものを作り上げていく過程を大事にしています。その中で兎田ぺこらさんと一緒に作り上げた“百年梅酒ぺこらver.”と雪花ラミィさんの日本酒プロジェクト、このふたつの説明をしているブースとなっています。

――最初のコラボはファンがきっかけと。

加藤 そうです! まさにぺこらさんの“百年梅酒ぺこらver.”はファンがいてくださったから生まれたものになっていて。始まった経緯としては2019年の“スナック兎田”が始まる前にファンが“百年梅酒プレミアム”を送ってくださって。それをぺこらさんが「ウエッ! くっせ!」という酷評から始まったという(笑)。これはまずいなと思っていたのですが、そこから絶賛に変わって頂いて。すごい安心しましたね。

――僕も飲んだのですが、とても美味しかったです。

加藤 ありがとうございます。ぺこらさんは開けた瞬間のアルコール臭が苦手らしく、それで「くっせ!」と言ったらしいです(笑)。これは本当に大丈夫かなと思っていましたね。そこから大絶賛というか、評価して頂いて本当にありがたいなと思っています。

――雪花ラミィさんの配信で知ったのですが、酒造りのためにかなりやり取りをされいたとか。

加藤 ラミィさんは唎酒師(ききさけし)の免許を取ろうと思えば取れるのではないかというくらい詳しい方で、僕ら酒造りをしている人間としても、お酒のことで気づかされることがあるくらい詳しい方でした。また、自分の好きを掘り下げることができる人だなと思いましたね。“雪夜月”は何回も打ち合わせをして造りあげています。

――琥珀糖もかなり打ち合わせを重ねたとか。

加藤 そうです! 半年ほどかけて作ってまして。ラミィさんオーダーのレベルが高いので(笑)。それを社員一丸で必死になり、酒造りをすると。ラミィさんはファンの方をすごく考えてまして。“雪夜月”が飲めないであるとか、未成年であるとか、お酒が弱い方、そういった方々に対してなにか“雪夜月”の世界観を伝えることはできないかということで、“琥珀糖”というプロジェクトが始まりました。

――《hololive SUPER EXPO 2022》では“百年梅酒ぺこらver.”発売されているということで、“百年梅酒ぺこらver.”のここを味わってほしいなど、ファンに伝えたいことがあればお願いします。

加藤 “百年梅酒”は熟成感をすごく大事にしていまして、3年から5年くらい熟成している原酒を使っています。そこが一番のポイントになっているかなと。兎田ぺこらさんは“百年梅酒ぺこらver.”をカルピスで割って飲んでいるらしいんですね。すごいうれしいなと思ってて、ぜひファンの皆様もご自分の好きな飲みかたで飲んで頂きたいです。あとは若干ですがぺこらさん用にフレッシュにアレンジしているのですごく飲みやすいですし、お酒が苦手な方でも美味しく飲めるようになっていますので、ぜひ多くの方に飲んでみて頂きたいです。

――ありがとうございました!

 

TOP
TOP