レポート

2022.05.21

集いし魔女たちの個性は輝き、共鳴する! 「V.W.P」メンバーによる対バンライブ「魔女集会」JOINT LIVEレポート!

2022年4月15日に豊洲PITにて、「V.W.P」(読み:ブイダブリューピー)」による対バンライブ「魔女集会」JOINT LIVEが開催されました。


「V.W.P」は、花譜さん、理芽さん、春猿火さん、ヰ世界情緒さん、幸祜さんからなるバーチャルアーティストグループ。圧倒的な歌唱力と、5人の魔女というコンセプトで話題となり、大きな注目を集めています。

デビューから約1年。これまで個々でのソロライブを経験してきた彼女たちが、ついに「V.W.P」として待望のワンマンライブとイベントライブをおこないました。本稿では、5人の魔女たちによる対バンライブ「魔女集会」JOINT LIVEの様子をレポートしていきます!

切り込み隊長を務めるのは、スラッとした美脚と長い髪を後ろでまとめたポニーテールが魅力の衣装・「アルナイル」で登場した幸祜さん。昨年末に開催された1st ONE-MAN LIVE「PLAYER」のラストを飾った楽曲「白昼夢」を歌い上げます。

その見た目と歌声からクールな印象もある彼女ですが、Twitterの呟き、配信でのトークなどで魅せる見せる可愛らしさは、とても親しみやすさがあります。女の子の気持ちが詰まったような「白昼夢」は、まさに彼女を表現するうえで欠かせない楽曲。1曲目に持ってきたことにも頷けます。

そのまま2曲目「レイヴン・フリージア」へと続き、文句のつけようがない選曲で会場のボルテージは最高潮! 幸祜語録的にはテンションマシマシMAXです!

お馴染み”噛み椿”(トークでよく噛む幸祜さんと、所属する神椿をかけている)なMCを挟みつつ、「瞑目」「夜光を呼ぶ」を披露。伸びの良い歌声でじっくりと「幸祜ワールド」を構築した後に放つ曲は、もはやライブの定番となりつつある「the last bullet」。「V.W.P」の5人目として最後のピースとなった彼女が、歌という名の弾丸でファンたちのハートを見事に射抜きました。

幸祜色に染まった会場に待ったをかけるべく、ステージに現れたのは理芽さん。深くかぶったフードと、そこから触手が伸びたようなデザインが印象深い衣装「Childhood's End」 での登場です。今回の「魔女集会」では、それぞれがソロライブで発表した衣装に身を包んでいるのも見どころの一つでした。

1曲目から「宿木」で理芽さんの世界観を魅せます。続く「さみしいひと」のイントロが流れると、会場は歓迎の拍手で埋め尽くされます。

MCを挟みつつ、新曲「生きているより楽しそう」、TVCMソングとしても話題の「ピルグリム」を初披露。作詞作曲を手掛けるのは理芽さんと二人三脚で駆け抜けてきた笹川真生さんです。

最後はTikTokを中心に大きな話題となった代表曲「食虫植物」。普段よりも声のトーンが少し高くなっており、彼女がライブで歌うことを心の底から楽しんでいるのが伝わります。楽曲のタイトル通り、観客たちの心を”歌で捕食”した理芽さんに会場からは大きな拍手が送られていました。

どこか落ち着いた雰囲気に飲まれた会場に殴り込みをかけるのは、シャーマンを彷彿とさせる衣装「九紋龍」を身にまとう春猿火さん。観客たちのボルテージをブチ上げる「逆転」からスタート!

そこから「猛進」「GUNPOWDER」「居場所」と怒涛のラッシュが続けば盛り上がらないほうが難しいでしょう。観測者たちは手を叩き、拳を突き上げて応えます。

最後には、アニメ『地球外少年少女』の主題歌として注目された「Oarana」も披露。アニメーション映像が使用されたMVをバックに神秘的な一曲を歌い上げました。

冷めやらぬ熱気の台風が過ぎ去ったような客席に、心地よい風が吹き込みます。白を基調としたドレスを思わせる衣装「Heliotrope」で登壇するのは、ヰ世界情緒さん。

自らが冒頭ダンスの振り付けを考案した「いろはに咲きて」、バンドアレンジでさらに盛り上がる曲へと仕上がった「ディメンション」で会場を沸かします。

昨年10月におこなわれた1st ONE-MAN LIVE「Anima」は無観客のARライブでしたが、今回は現地に駆けつけた観測者たちと、クラップを通じてコミュニケーションが取れたことに情緒さんも喜んでいる様子でした。

「霞がついてくる」「ヰ世界の宝石譚」で圧巻の歌声を披露。その後に彼女を代表する「シリウスの心臓」で締めくくります。

印象的だったのは、すべての観測者が「シリウスの心臓」を歌う彼女の声に耳を傾けていたことです。会場には他の楽曲の際とは違う確かな静寂が生まれ、その場に響く情緒さんの呼吸や歌声を聞き逃すまいと全神経を耳に集中させるようでした。全員の意識が一つになったそんな感覚も、有観客ライブの醍醐味の一つでしょう。

トリを飾るのは、ステージ映えする赤と、長く伸びるフードの裾が特徴的な衣装「金鶏」を身にまとう花譜さん。今回はフードを脱いだ姿も披露していました。

「鏡よ鏡」「イマジナリーフレンド」と、デビュー3周年企画「組曲」をライブ初披露。それぞれのイントロが流れると、観測者たちからは「待ってました!」と言わんばかりの手拍子が送られます。

続いてMCを挟みつつ、「世惑い子」「 例えば」を熱唱! 様々なアーティストとのコラボを通して、また一つ成長した彼女のステージは圧巻の一言に尽きます。

ラストは「過去を喰らう」から「海に化ける」に繋がるライブアレンジメドレー。花譜さんを語るうえで外すことの出来ない2曲で締めくくりました。

その後、5人がステージに登場。花譜さんの2nd ONE-MAN LIVE「不可解弐REBUILDING」以来のお披露目となった「共鳴」では、アイドル顔負けの可愛らしいダンスを披露。彼女たちを代表する楽曲でありながら、まだ曲単体としてリリースされていないため、約1年ぶりの熱唱に豊洲PITが歓喜で揺れます。

最後はアニメ『マブラヴ オルタネイティヴ』の主題歌「輪廻」。昨年末に開催された幸祜さんの1st ONE-MAN LIVE「PLAYER」にて、3人ver.が披露された楽曲を、今回は念願の5人で歌い上げライブを締めくくりました。

こうして「魔女集会」JOINT LIVEのステージは終了となりました。しかしこれは前哨戦。メンバーたちは翌日に控えた1st ONE-MAN LIVE「現象」への想いを語り、物語は一旦幕を下ろしました。

●セットリスト 
幸祜
1. 白昼夢
2. レイヴン・フリージア
- MC -
3. 瞑目
4. 夜光を呼ぶ
5. the last bullet

理芽
1. 宿木
2. さみしいひと
- MC -
3. 生きているより楽しそう
4. ピルグリム
5. 食中植物

春猿火
1. 逆転
2. 猛進
- MC -
3. GUNPOWDER
4. 居場所
- MC -
5. Oarana

ヰ世界情緒
1. いろはに咲きて
2. ディメンション
- MC -
3. 霞がついてくる
4. ヰ世界の宝石譚
- MC -
5. シリウスの心臓

花譜
1. 鏡よ鏡
2. イマジナリーフレンド
- MC -
3. 世惑い子
4. 例えば
5. 過去を喰らう~海に化ける

V.W.P
1. 共鳴
- MC -
2. 輪廻
- MC -

エンドロール
 

 

TOP
TOP